読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take it easy.

とりあえず,肩の力を抜け.

鴨のロースト

料理

鴨を使った料理は一番好きな料理。
好きな理由は、過去に二度、ほんとうに美味しい鴨料理にあったので。


一度は、自分の結婚式。
シェフに勧められるまま、メインディッシュに鴨料理選んだけど、これが旨かった。
もう一度は、先輩に連れて行ってもらった川俣温泉近くの炭火焼のお店。今は営業していないらしい。
このお店の串焼が美味かった。


で、好きなんだけど、そんなに頻度高く食べたはいない。たまに鍋にするくらい。
自分でがっちり作るにはちょっと敷居が高い。。と思っていたんだけど、うっかり買ってしまったので、鴨のローストにチャレンジ。
レシピはこちらから引用。脂をしっかりと落とした鴨のロースト - L-Cruise - 日経トレンディネット

・鴨胸肉300g(今回のフィレ相当)、塩、ハチミツ、コショウ
・肉の皮目を上にして、2〜3mm間隔の切り目を包丁で格子状に入れる。
・赤身と皮目の両方に塩をして5分ほど置く。
・常温のフライパンの上に、皮目を下にして鴨肉を載せ火にかける。
 温度が上がったら弱火にして、パレットナイフやフライ返しで肉を軽く押して皮目の脂を絞る。
 脂がたまったら別の器にあけ、皮目だけを5分ほど焼く。
 その後、肉を返して赤身の部分をサッと軽く焼き火を止め、そのまま5分休ませる。
・再び皮目を下にして、肉を押さずに2分ほど焼き、火を止めたら皮を上にして3分休ませる。
 オーブントースターを温めながら、皮目の部分にハチミツを塗り、コショウを挽く。
 温めたオーブントースターに皮目を上にして肉を入れ30秒ほどあぶり、ハチミツと黒コショウの香りを引き出す。
・熱いうちに切ると肉汁が流れ出てしまうので、すこし間をおいてから、よく切れる包丁でカットする。



ハンガリー産の鴨ロース。600g。胸肉が二枚入っていたので、今回は一枚だけ使用。残った一枚どうしよう。。。



オーブントースターで仕上げ中。
この間に、ハチミツとコショウの良い香り拡がる。よだれモノ。



仕上がり。
赤ワインといただきます。
肉がロゼ、、、にはならなかったが、まぁねぇ。


ほんとうに美味い。までいかなかったけど、美味かった。
焼いたり休めたりの手間があるけど、難しくはない。
また作ろう。