読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take it easy.

とりあえず,肩の力を抜け.

マウスピース購入

以前に書いた、秘蔵の品をプラチナメッキをかけるために、楽器店に出してたけども、仕上がったとの連絡を受けていたので、引き取りに。

f:id:munetak:20170430202058j:plain
さて、どれがプラチナでしょう。

質感は良い。が、見た目での銀メッキとの判別は難しい。ちなみに、お値段高すぎです。。。
ただ、通常、下地に銀メッキ3μm、さらに18金3μm、その上にプラチナ3μm。さらに荒れていたマウスピースの下処理もあったようなので、妥当かな。。。
ついでに、TilzのBAKO Model1-1/2cも購入。
以前は2つしかなかったけど、今日は3つあって、その中はベストの選択だったと思う。
メッキ比較での吹いた感じは、友達の予想通りでプラチナが一番暗くなる。
写真の金は設計の違いと思うけど、やや抜ける。
新しいシルバーは明るいが若干抵抗あり。
個人的には音色を暗く、落ち着かせたいので、今の本命はプラチナで、将来はTilzに金かプラチナメッキかな。と思っている。


その後、お昼ご飯。
少し珍しいものを食べようと、ナスコフードコートで、マトンビリヤニ

f:id:munetak:20170430125412j:plain

ビリヤニ - Wikipedia

特にビリヤニの製法において米とカレーを層状に重ねることは、カレーと米が融合した香り高い一品を生み出すために非常に重要である。

写真だと、マトンが全く見えないんだけど、実はライスに埋まっている。
見た目よりも、あと引く辛さ。結構病みつき。
また食べに行こう。


それにしても、B♭管C管を一新した7年前以来、久しぶりに楽器(小物だけど)選びに本気出した。
楽しかったな。